Precious 047-422-5005
ホーム Preciousとは コース紹介 施設案内・アクセス案内 お客様の声 よくある質問 お問い合わせ・資料請求

HOME > オフィシャルブログ > ダイエット >  効率の良い有酸素運動

プロテインプレゼントキャンペーン

キャンペーン終了まで

効率の良い有酸素運動

An athletic woman is jogging on a bridge, listening to music. Her long hair is up in a ponytail and blowing in the wind.

こんにちは、トレーナーの中村です。

皆さんはエクササイズに最も良い時間というのはあると思いますか?答えはイエスです。体は午後に比べて午前中に運動した場合により多くのカロリーを燃やします。

有酸素運動は、脂肪をエネルギーとして使います。しかし、有酸素運動を行う前に炭水化物を食べると、炭水化物がインスリンを分泌させ、それは脂肪の分解に対抗します。人がエクササイズを3?5分以上行うと、体は通常エネルギー源をシフトさせます。ですから、より脂肪が使われるわけです。

An athletic woman is jogging on a bridge, listening to music. Her long hair is up in a ponytail and blowing in the wind.

最初の3?5分は、蓄えられているグリコーゲンや血液中のグルコースがより使われます。体が3?5分後にエネルギーをシフトさせるとはいっても、インスリンが分泌されると、脂肪の分解を許さないシグナルが送られてしまいます。このシグナルは有酸素運動が継続している間送られています。

有酸素運動で脂肪を燃やそうと思うなら、朝起きて空腹時に行うことがよいです。朝は血糖値が低く、体は脂肪をワークアウトのエネルギーとして素早く使うことでしょう。

多くの方が退社後にスポーツクラブやジムへ行くことと思います。そういった場合は、ウェイトトレーニングを行ってから、有酸素運動を行うべきです。おそらく、仕事が終わった後、ジムに行く前に何かしらエネルギー補給をすると思いますが、ウェイトトレーニングの前に有酸素運動を行ってしまうと、この仕事後に補給したエネルギーが有酸素運動で使われるだけで、体脂肪はほとんど使われることはありません。
そして、有酸素運動後に行うウェイトトレーニングではトレーニングに使うべきエネルギーはほとんどありませんので、あなたは筋肉をつけるトレーニングで筋肉をエネルギーとして使うという矛盾にはまってしまいます。

仕事が終わった後に補給するエネルギーは、これから行うトレーニングのためであり、筋肉をエネルギーとして使わない為でもあります。トレーニング後のエネルギ?レベルが低い状態で有酸素運動を行うことで、始めから体脂肪をエネルギーとして使うことができます。ただし、どんな種類の有酸素運動にも言えることですが、100%体脂肪をエネルギーとして使うことはありません。グリコーゲンやタンパク質も一緒に使われるからです。

皆さんも効率の良い有酸素運動でダイエットボディメイクを頑張って行きましょう!

Tatsuya Nakamura

2017.01.30

ダイエット

ページ上部へ戻る