Precious 047-422-5005
ホーム Preciousとは コース紹介 施設案内・アクセス案内 お客様の声 よくある質問 お問い合わせ・資料請求

HOME > オフィシャルブログ > キャンペーン >  糖質を制限した食事の真実とは?栄養のバランスが重要!船橋加圧ジム

プロテインプレゼントキャンペーン

キャンペーン終了まで

糖質を制限した食事の真実とは?栄養のバランスが重要!船橋加圧ジム

2

糖質を制限したダイエットは、すぐに体重が落ちるため魅力的な方法の1つになります。

ですが、糖質制限をしてすぐに減った体重は全て体脂肪で落ちたと思いますか?

 

しっかりとメカニズムを把握していないと、ダイエットにマイナスな影響を及ぼすことになり、最悪の場合はリバウンドをしてしまいます。

 

今回は、糖質制限をするとどのくらいダイエットに悪い影響を及ぼすかをお伝えしていきます!

 

 

■体重が落ちたのはただの水分?肝臓にある糖質が使われただけ!

糖質制限を始めると、すぐに2~3kgは体重が落ちると思います。

ですが、この減った体重は体脂肪ではなく体内の「水分」になります。

 

まず始めに、肝臓に貯蔵してある糖質(グリコーゲン)が使われます。

糖質は1gあたり3gの水分が付いた状態で貯蔵されるため、グリコーゲンが使われると同時に体の水分も減るメカニズムになります。

 

大幅に体重が減ってもそのほとんどが水分で、体脂肪が減っているわけではないのです。

 

 

■脳を働かすエネルギーが不足するため、ダイエットが上手く進まない。

脳の主なエネルギー源はブドウ糖、つまり糖質(炭水化物)になります。

脂質も栄養素の1つですが、脳のエネルギーとしては使われません。

 

糖質制限をすると、脳のエネルギー源であるブドウ糖が不足してしまい、脳がいわゆるガス欠状態になってしまいます。これにより無気力になったり、ぼーっとしたりと脳が働かなくなります。

 

そうなると、身体を動かすことも辛くなりダイエットを上手く進めることが難しくなります。

 

■タンパク質のアミノ酸が分解され筋肉の減少・代謝の低下につながる! 

ダイエットのために運動をすると思いますが、人の身体は糖質(炭水化物)をエネルギー源としています。糖質制限をするとエネルギー源がないため、タンパク質の元となるアミノ酸からエネルギーを作ろうとします。

 

アミノ酸は筋肉にあたるので、筋肉量が減りダイエットにはマイナスな影響を及ぼします。

 

 

◎理想の食事とは

理想の食事とは、しっかりと五大栄養素をバランスよく摂る事が大切になります。

その中でも特に意識して欲しい栄養素が「炭水化物・タンパク質・脂質」です。

1

炭水化物 =脳や筋肉が働くためのエネルギー源

タンパク質=筋肉や骨、皮膚などをつくる原料

脂質  =ホルモンバランスを整える

 

何かを制限するダイエットをしなくても、自分に合った正しい栄養の量を把握することで確実に痩せていきます。我慢・辛いだけのダイエットは止めましょう!

 

只今、無料体験実施中!!

一人で悩まず、一度体験にいらして下さい(^^)/

━─━─『体験の流れ・お申し込みは』コチラ!!━─━─

超(秘)ダイエットブックプレゼントはこちら!

TEL:047-422-5005

営業時間:平日10:00-22:00・日曜10:00-18:00

休館日:毎週木曜日・祝日

Instagramも、日々更新中(^▽^)/

 

宮里

 

 

2019.11.29

キャンペーン

ページ上部へ戻る