Precious 047-422-5005
ホーム Preciousとは コース紹介 施設案内・アクセス案内 お客様の声 よくある質問 お問い合わせ・資料請求

HOME > オフィシャルブログ > キャンペーン >  朝食抜きはNG?!「食べて痩せる」がリバウンドのない最適な方法?!船橋加圧ジム

プロテインプレゼントキャンペーン

キャンペーン終了まで

朝食抜きはNG?!「食べて痩せる」がリバウンドのない最適な方法?!船橋加圧ジム

朝食

皆さん、朝食は毎日欠かさず摂っていますか?

 

ダイエットの結果を早く出すために、「朝食抜きダイエット」をされている方を沢山見ます。

 

朝食を抜くことで体重は落ちるかもしれませんが、筋肉量が落ちたり、身体に元気が無くなったり、リバウンドのしやすい身体に変化します。

 

今回は、朝食を抜くことでダイエットにどのような悪い影響が出るかをご紹介致します。ぜひご覧ください。

 

 

■「脂肪を溜めろ」と命令を出すホルモンがダイエットに悪影響を及ぼす

夜の睡眠時から起床時にかけて、空腹状態が続くため血糖値が下がっている状態になります。朝食を抜くと、さらに血糖値は下がり昼食を摂った際に血糖値の上がる幅は大きくなります。

 

血糖値の上下幅が大きいほど「インスリンホルモン」が分泌されます。(インスリンとは、血糖値の上昇を抑えるホルモン。また、脂肪を溜めろと命令を出すため、ダイエットにはマイナスになります。)

 

そのため、朝食を抜くとインスリンが沢山分泌されて脂肪を溜め込み、太りやすくなります。

 

 

■朝食にタンパク質を摂る事で、筋肉の合成を促し痩せる身体に変化する!

上記と同じく、夜の睡眠時から起床時にかけて空腹状態になっています。空腹状態が続くとエネルギーが無いため、筋肉を削って身体を動かそうとします。(筋肉量が減ると痩せにくい身体になります。)

 

空腹状態になっている朝にタンパク質を摂ることで、筋肉の分解予防につながります。

また、筋肉を作る役割もあるため朝から代謝の高い身体を保つことが出来ます。

 

 

■朝に栄養を摂って、楽しいダイエットで脂肪燃焼!

朝食は、1日の身体を動かすガソリン(栄養)を入れる大切なポイントです。

ダイエットの大原則は「摂取カロリー<消費カロリー」ですが、朝食を抜くと身体を動かすガソリンが無いため、動くことが辛くなり消費カロリーを高めることが出来ません。

 

毎日朝食を摂り、元気よく身体を動かすことで筋肉量も増えますし、楽しいダイエットを続けることが出来ます。

 

 

◎朝食をしっかり摂り、効率よくダイエットを進めましょう!

 

今回の記事をご覧になって、朝食を抜くとダイエットに悪い影響が出ることは把握できましたか?

 

朝食を摂る際に、バランスの良い食事がダイエットを加速させるポイントになります。

プレシャスでは、お客様の体重、身長、筋肉量などを分析し適した食事メニューをご案内しております(*^^*)

 

加圧無料体験を実施しておりますので、ぜひお越しくださいませ。

 

━─━─『体験の流れ・お申し込みは』コチラ!!━─━─

超(秘)ダイエットブックプレゼントはこちら!

TEL:047-422-5005

営業時間:平日10:00-22:00・日曜10:00-18:00

休館日:毎週木曜日・祝日

 

宮里

 

 

 

2019.11.09

キャンペーン

ページ上部へ戻る