Precious 047-422-5005
ホーム Preciousとは コース紹介 施設案内・アクセス案内 お客様の声 よくある質問 お問い合わせ・資料請求

HOME > オフィシャルブログ > キャンペーン >  トレーニングで血行促進!血圧も動脈硬化も加圧で改善!船橋加圧ジム

プロテインプレゼントキャンペーン

キャンペーン終了まで

トレーニングで血行促進!血圧も動脈硬化も加圧で改善!船橋加圧ジム

red-blood-cell-4302093__340
Pocket

今回は加圧トレーニングの効果の1つ「血行促進」についてご紹介致します。

 

■心臓から毛細血管まで血行促進できる加圧トレーニングで健康な体作り!

「血管の拡張・収縮機能が高まり、血行がよくなる。」

加圧1

人間の体を循環している血液は、心臓から送り出され大動脈に入って全身に送られます。そして、全身を巡った血液は、静脈に乗って心臓へと戻っていきます。

太い動脈と静脈の両方が通る腕や脚のつけ根部分を加圧することで、心臓より上部は一時的に血流が減少した状態になります。すると、脳は危機を感じて血流を増やすよう心臓に指令を出します。その結果、血流量が増え毛細血管の隅々まで血液が行き渡り血管が拡張します。加圧と除圧の繰り返しにより毛細血管の数が増えることで血行がよくなるのです。

 

「血管内皮細胞が柔らかくなり、弾力性のある血管に蘇る。」

加圧2

血管は加齢によって硬くなり、血液を送る力が弱くなってきます。特に、血管の最内層にある血管内皮細胞は血管の健康状態を維持するのに非常に重要な役割を果たしています。血管内皮細胞は一酸化窒素(NO)を生成し、血管壁の収縮・弛緩(血管の硬さ・やわらかさ)をはじめとして、血管壁への炎症細胞などの調節を行っています。

加圧トレーニングを継続的に行うと、この一酸化窒素(NO)が分泌されるようになり、血管内皮細胞が若返り、増加するという臨床研究データが出ています。

参考資料:http://www.kaatsu.com/about/theory.html

 

■加圧で高血圧改善!喫煙など生活習慣病の改善で血管の働きを活性化!

血管は年とともに誰でも老化していきますが、その老化以上に動脈硬化を進行することを予防していく必要があります。動脈硬化は血管の内側にある内皮細胞が障害されて、動脈硬化を起こすと言われています。そのため、内皮細胞の機能を保つことが動脈硬化の予防につながります。

加圧4

動脈硬化は、血管の一番内側にある内皮細胞の機能低下によって始まります。内皮細胞は、血流が速くなると、血管拡張物質である一酸化窒素(NO)を産生して放出します。すると、一酸化窒素は中膜にある平滑筋に作用して、その結果、平滑筋の緊張がゆるんで血管が広がります。 血管を広げる働きは、放出される一酸化窒素の量に左右され、一酸化窒素が不足すると血管は硬くなり、逆に十分に出ていると血管をやわらかい状態に保つことができます。

参考資料:https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_131.html

喫煙や高血糖、高血圧などの生活習慣病が血管内皮細胞の機能を下げ、動脈硬化など体へのリスクを高めてしまいます。

これら生活習慣の見直しも大切ですが、適度な運動も大切です。その中で特に加圧トレーニングは低負荷短時間で行うことができるため、運動習慣の少ない方や疾患を持つ方でも無理なく続けることができます。

 

■加圧はダイエットだけではない!免疫力や肩こり・腰痛などにも効果的!

加圧トレーニングは血管内皮細胞の機能を活発にし、血管の弾力を取り戻して若返らせる働きがあります。

一酸化窒素を生成することで「新生血管促進因子(VEGF)」が増えて血管を増やす効果があります。

加圧トレーニングで、血行促進を促し、得られる効果は

美肌効果 アンチエイジング 新陳代謝 免疫力 怪我からの治癒力アップ

冷え症、肩こり、腰痛の改善 高血圧、動脈硬化の予防・改善

など様々な効果が期待できます。

プレシャスでは加圧トレーニングで皆様のダイエットや健康な体作りをサポートしていきます。

それだけでなく2020年から「イフミック」という、着るだけで血行促進効果や筋肉の動きが良くなる魔法のウェアを販売しております。

次回は魔法のウェア「イフミック」についてご紹介致します。お楽しみに!

━─━─『体験の流れ・お申し込みは』コチラ!!━─━─

超(秘)ダイエットブックプレゼントはこちら!

TEL:047-422-5005

営業時間:平日10:00-22:00・日曜10:00-18:00

休館日:毎週木曜日・祝日

Instagramも、日々更新中(^▽^)/

是枝

2020.05.03

キャンペーン

ページ上部へ戻る