Precious 047-422-5005
ホーム Preciousとは コース紹介 施設案内・アクセス案内 お客様の声 よくある質問 お問い合わせ・資料請求

HOME > オフィシャルブログ > キャンペーン >  ダイエットで知っておきたい脂肪を減らすホルモンとは?船橋加圧ジム

プロテインプレゼントキャンペーン

キャンペーン終了まで

ダイエットで知っておきたい脂肪を減らすホルモンとは?船橋加圧ジム

person-3593657_1280[1]
Pocket

ダイエットに大切なホルモンの働きについてご紹介致します。

 

■脂肪を蓄積するホルモンをコントロールするために大切な食事の取り方

「インスリン」というホルモンが分泌されると体脂肪は蓄積されます。

食事をすると、血糖値が上昇します。インスリンは血糖値を下げる働きがあります。

インスリンが分泌されると、糖が筋肉や肝臓にエネルギーとして蓄えられます。

しかし筋肉や肝臓に蓄えることのできる糖の量にも限度があり、筋肉や肝臓に保存できない糖が体脂肪となってしまいます。

kore2

インスリンの分泌を抑え、体脂肪の蓄積を上手く抑えるには、

「野菜や食物繊維の多いものから食べる」

「1日に摂る炭水化物の量を朝と昼にご飯茶碗1杯ずつに抑える」など普段の生活でできることはたくさんあります。

 

■タンパク質の摂取で脂肪を使う指令を出すホルモンの働きを活性化!

タンパク質はダイエットやボディメイクをする上で、欠かせない栄養素です。

タンパク質は肉・魚・卵・乳製品・大豆製品に多く含まれ、筋肉を作る材料です。

それだけでなく、体の脂肪を使うよう、指令を出す働きがあります。

そのときに分泌されるのが「グルカゴン」というホルモンです。

タンパク質の摂取が少ないと、筋肉が分解され、代謝は下がり、グルカゴンの分泌が減り、脂肪が燃えにくくなってしまいます。

筋肉を作り、脂肪を燃やすためには、タンパク質を積極的に摂る食生活に変えていきましょう。

タンパク質1

 

■脂肪を燃えやすい状態にするホルモンの分泌は睡眠と加圧トレーニング!

「成長ホルモン」が脂肪を燃えやすい状態に分解します。

その成長ホルモンを分泌させるには、睡眠と運動の2つがポイントとなります。

成長ホルモンは6時間~8時間を目安にしっかり睡眠時間が摂れると、分泌され、脂肪燃焼効果をもたらします。

逆に睡眠時間が不足すると、成長ホルモンは分泌されず、脂肪は減りにくく、睡眠不足による疲労も残ります。

脂肪を燃やすだけでなく、体調を整えるためにもしっかり睡眠時間を確保しましょう。

kore1

加圧トレーニングで更に成長ホルモンの分泌を促すことができます。

加圧トレーニングをすると、成長ホルモンは安静時の約290倍、普通のトレーニングの約10倍も分泌され、脂肪燃焼効果は約48時間続きます。

この成長ホルモンが、脂肪燃焼・筋力アップ、美容やアンチエイジングなど様々な効果をもたらしてくれます。

食事・睡眠・運動の3つ、つまり生活習慣を整え、ダイエットや健康な体を作ることができます。

それだけでなく、プレシャスではトレーナーがマンツーマンで指導させていただくため、ダイエットやホルモンの働き、トレーニングなどの不安や疑問を全てプレシャスで解決することができます。

是非プレシャスで加圧トレーニングを行って、脂肪を燃やし、健康な体を作っていきましょう!

━─━─『体験の流れ・お申し込みは』コチラ!!━─━─

超(秘)ダイエットブックプレゼントはこちら!

TEL:047-422-5005

営業時間:平日10:00-22:00・日曜10:00-18:00

休館日:毎週木曜日・祝日

Instagramも、日々更新中(^▽^)/

是枝

2020.05.24

キャンペーン

ページ上部へ戻る