Precious 047-422-5005
ホーム Preciousとは コース紹介 施設案内・アクセス案内 お客様の声 よくある質問 お問い合わせ・資料請求

HOME > オフィシャルブログ > キャンペーン >  「過度な運動+食事制限」は逆に太る?!その原因を徹底分析!加圧船橋ジム

プロテインプレゼントキャンペーン

キャンペーン終了まで

「過度な運動+食事制限」は逆に太る?!その原因を徹底分析!加圧船橋ジム

image1

運動を欠かさず頑張っている、食事もできる限り食べないようにしている。

にも関わらず体重が落ちないと悩んでいる方は多いではないでしょうか?

(頑張っているのに体重・見た目が変わらない → ストレスが溜まる → 暴飲暴食 → リバウンド)

この流れになる方は沢山見てきました(>_<)

 

体重・見た目はなぜ変化しないのか原因が分からなければ、いつまでも同じダイエットを繰り返します。

 

「私にはダイエットが向いていない」なんていう事はあり得ません!

今回は、なぜそうなってしまうのか原因をご紹介いたしますのでお悩みの方は是非ご覧ください。

 

■過度な運動で「コルチゾール」が溜まる

運動を習慣にすることはとても素晴らしいですが、やりすぎると疲れますよね。

短期ダイエットを目標とされている方は、数値を出すことに執着しすぎてヘトヘトになりながらも頑張っているケースがよくあります。そうすることで「コルチゾール」というホルモンが分泌され、ダイエットにマイナスな影響を与えます。

 

分泌されると身体が浮腫み体重が増え始めます。体重が増えている原因はコルチゾールの可能性は大いにあります。

また、筋肉を分解するためトレーニングで頑張った時間も台無しになる場合があります。

 

 

■過度な食事制限で「筋肉」が分解される

なぜ食事制限をするのか目的を把握していなければ、ただの我慢勝負ダイエットになります。

基本的には「消費カロリー>摂取カロリー」にするために食事制限をすると思いますが、

この収支が大きければ大きいほど落とし穴になります。

収支が大きければ「過度な栄養不足状態」になるため、筋肉を削って栄養に変換し始めます。

そうすることで代謝が下がり身体を引き締める目的から、リバウンドのしやすい身体を作っていることになります。

 

 

■短期の体重減で「レプチン」が順応できない

「レプチン」とは、満腹を感じるためのホルモンです。

例えば、短期で体重を5kg落とすとレプチンの量も極端に減ります。

そのため満腹を感じず、空腹状態が長く続くことになります。

レプチンの量を極端に減らさずダイエットを進めていくには、少しずつ体重を落としていくことがポイントになります!

 

 

◎適切なダイエット方法とは

「ストレスフリー」でやることに尽きると思います!

どうしても短期で結果を出そうとすると、上記のようなマイナス面が大きいですし継続できずに「リバウンド」を繰り返します。

適切なダイエット方法は人それぞれで、一日の活動量、筋肉量、運動経験、ストレス状況などによって変わります。

プレシャスでは、お客様に合わせた運動・食事方法をプランニングしていきますので

全くストレスなくダイエットを楽しく進めることができます!!

 

今までにリバウンドを繰り返したり、ダイエットに対して苦手意識がある方は、

プレシャスで自分に合ったやり方を見つけて、楽しく、ストレスなく、ダイエットをしてみませんか?

koreeda4-2-300x200

 

 

 

 

 

現在、プレシャスでは加圧トレーニングの無料体験を実施しています(*^^*)

 

 

 

━─━─『体験の流れ・お申し込みは』コチラ!!━─━─

超(秘)ダイエットブックプレゼントはこちら!

TEL:047-422-5005

営業時間:平日10:00~22:00・日曜10:00~18:00

休館日:毎週木曜日・祝日

Instagramも、日々更新中(^▽^)/

 

宮里

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.10.04

キャンペーン

ページ上部へ戻る