Precious 047-422-5005
ホーム Preciousとは コース紹介 施設案内・アクセス案内 お客様の声 よくある質問 お問い合わせ・資料請求

HOME > オフィシャルブログ > 2020 8月

今なら入会金30,000円→10,000円!体験料0円

プレシャスでは加圧トレーニングにご興味のある方が
お気軽にお越しいただけるよう
体験トレーニングを行っております♪

通常体験価格4,500円無料!!
入会金30,000円10,000円!!

9月30日(水)まで 

今週の体験可能なトレーニング枠をご案内します。

【9/6(日)更新】

↓ ↓ ↓
(さらに…)

2020.08.31

キャンペーン

ダイエットにも欠かせないベンチプレスで大胸筋を強化!船橋加圧ジム

■胸のトレーニングはベンチプレス!厚い胸板やバストアップに効果的!

胸の筋肉は主に大胸筋で構成されています。

大胸筋は体の中でも大きな筋肉でできているため、鍛えると代謝向上による筋力アップや脂肪燃焼効果が高まります。

ベンチプレスを行うと大胸筋を鍛えることができます。

ベンチプレスはトレーニングの代表的なメニューです。

重量は10回×3セットを目安にトレーニングを行います。

加圧トレーニングでもベンチプレスを行うことができます。

軽負荷で行うため、肩や肘など関節に負担が少なくトレーニングすることができます。

鍛えることで、カッコいい胸板やバストアップにも繋がり、ダイエットと合わせてボディメイクでもオススメのトレーニングです。

 

■胸の筋肉は3つに分かれている!上・中・下部全てをトレーニング!

大胸筋は、上部・中部・下部の3つの部位に分けることができます。

ベンチ台を真っ直ぐ(フラット)な状態で行うと主に中部の筋肉を鍛えることができます。

フラット2

フラット1

上部を鍛える場合はベンチ台を斜めに設定すれば、胸の上部をトレーニングするインクラインベンチプレスで鍛えることができます。

インクライン2

インクライン1

下部を鍛えるときは、フラットのベンチ台で、脚を乗せて行いお尻を上げて体を一直線にしてベンチプレスを行い鍛えていきます。

ディクライン2

ディクライン1

 

■トレーニングだけでない!仕事に合わせて食事と睡眠を適切に管理!

12月のコンテストに向けて、週に6回はトレーニングを行いますが、食事の管理や睡眠が充分に摂れるよう、一日の使い方がとても大切です。

食事はタンパク質は肉・魚・卵を中心にバランスよく摂取します。

炭水化物は一日に必要な分だけ摂るようにします。不足しすぎると、代謝の悪い体になり、筋肉が減ってしまう減量のやり方になります。目安はご飯茶碗1杯ずつを朝と昼に食べるようにしています。

脂質は卵や魚などの良質な脂質で摂取します。

他には野菜、海藻など食物繊維も不足しないように摂取します。

写真は今私が良く食べているメニューです。

減量食1

ささみ2本分

鮭一切れ

卵2個

わかめ、インゲン、ほうれん草

これらを合わせたスープ料理です。

食材の旨味が出ますので、調味料は使わなくても味がしっかり出ます。

12月のコンテストに向けて、長い道のりですが、仕事の時間に合わせて、トレーニングの時間、睡眠時間はしっかり摂れるのか、食事の管理が上手くできるのか、日々試行錯誤しながらボディメイクをしていきます!

━─━─『体験の流れ・お申し込みは』コチラ!!━─━─

超(秘)ダイエットブックプレゼントはこちら!

TEL:047-422-5005

営業時間:平日10:00-22:00・日曜10:00-18:00

休館日:毎週木曜日・祝日

Instagramも、日々更新中(^▽^)/

是枝

2020.08.30

キャンペーン

ボディコンテストへの道!あなたも腕美人!腕トレ紹介!船橋加圧ジム

腕の筋肉の鍛え方!たるんだ腕の解消トレーニング法でダイエット効果!

ボディコンテストに向けて、脂肪を削ぎ落として筋肉をつけていくためには、トレーニングの質も重要な要素になってきます。今回は私が取り入れている「腕」のトレーニングを紹介していきます。種目名は「インクライン・ダンベルカール」と言います。

 

この種目は上腕二頭筋を大きくストレッチ(伸ばす)させる種目です。

 

上腕二頭筋は筋繊維が一定方向になっています。

これを紡錘状筋(ぼうすいじょうきん)と言います。

 

このような筋肉は、ストレッチさせる事でより効率的に鍛える事ができます。

そのほかの筋肉では大胸筋や大腿二頭筋が同じ性質を持っています。

フォームのポイント

  1. 脚を閉じる
  2. 肘の位置を動かさない
  3. 曲げた時に強く握り、顎をひく以上がポイントとなります。

 

image100

image000

重量が重すぎてしますと上腕二頭筋の付け根(長頭鍵)を痛めやすくなるため、軽い重量でおこないます。

 

軽い重量でもダンベルをしっかり下げればストレッチがされるので、高重量で行う必要はありません。

 

腕を曲げるときは力こぶを作るように意識をして行いましょう。

効かせたい筋肉を意識することでより効果的に鍛える事ができます。

 

この種目はインクラインベンチが必要になりますが、インクラインベンチがない場合は

立ったまま行う「スタンドアームカール」で腕を鍛えていきましょう。

 

セット回数は目的によって異なります。

本格的に筋肉量を増やしたい方は10回挙げられる重量で3〜4セット

ダイエット目的で引き締まった腕を作りたい方は20回挙げられる重量で3〜4セット

 

私の場合は、通常のウェイトトレーニングと加圧トレーニングを交互に行い、刺激を変えながらトレーニングに励んでいます。

 

座りながら行うので力が出しづらいです。マックスの50%ぐらいの重量で回数を多くおこなうのがお勧めです。是非取り入れてみて下さい。

 

近況報告!大会まであと2ヶ月!ダイエットにもお勧め食事方法を紹介!

 

現在の体重は73Kg。

大会までの目標は68Kgです。トレーニングと食事管理を行い、理想のボディに向けて日々精進していきます!大会まであと2ヶ月となりました。

減量をしていて思うことは、毎食の食事が「美味しい」と感じることです(笑)

ダイエットを頑張っている方もよく感じると思います。

たくさん食べられる環境に感謝しながら、毎食味わいながら食事をしています。

現在の主食は玄米にしています。朝食と昼食のみ取り入れています。夕食はタンパク質とビタミン、ミネラルを沢山摂り、炭水化物を摂らないように気をつけています。

これだけ意識するだけで体重もしっかり落ちていきますので、ダイエットをしている方もお勧めの食事法です。

是非試してみて下さい。

2020.08.29

キャンペーン

コンテストに向けてトレーニングと食事で体を変える!船橋加圧ジム

■目標までのプランは?筋肉を付けて脂肪を落とす食事・睡眠・運動は?

12月に予定されているボディメイクのコンテスト出場に向けて、8月から減量を少しずつ行っています。

筋肉量を維持しながら、脂肪を落とすためには、時間をかけて少しずつ体重を落とさなければいけません。

3カ月ぐらいで10㎏ぐらいを目標に、8月から9月末まで5㎏、10月、11月は3㎏のペースで落とす計算をしています。

その目標を達成するためには、食事、睡眠、運動の3つを整えなければなりません。

睡眠不足も疲労が残り、代謝が下がってしまいます。

運動は週に6回部位を分けて行います。

食事は朝、昼はしっかり食べて、夜は炭水化物を無しにする食生活をしていきます。

■加圧で筋力アップと有酸素運動で脂肪燃焼をベースにトレーニング!

ベースは加圧トレーニングと有酸素運動で筋肉を付けながら、脂肪を落としていきます。

週に6回はトレーニングを行うため、部位ごとに分けてトレーニングしていこうと考えています。

例えば

1日目は脚のトレーニング(スクワット、レッグエクステンション、レッグカール、ランジなど)

2日目は肩のトレーニング(ショルダープレス、サイドレイズ、フロントレイズ、リアレイズなど)

3日目は背中のトレーニング(ラットプルダウン、ダンベルロウ、ベントオーバーローなど)

4日目は脚のトレーニング(デッドリフト、ヒップスラスト、カーフレイズなど)

5日目は腕のトレーニング(アームカール、ハンマーカール、ディップス、フレンチプレスなど)

6日目は胸のトレーニング(ベンチプレス、ダンベルフライ、インクラインベンチプレスなど)

と分けて行います。1日だけは疲労回復させるための休息日を設けます。

脚のトレーニングは大きな筋肉で構成されているため、筋力アップ、代謝向上に効果が見込めるため、週に2回行います。

日常生活で駅まで歩いたり、階段を使ったり、洗濯や掃除をすると有酸素運動になります。

自分のその日のコンディションに合わせて、メニューや負荷も調整して行えば、無理なくボディメイクをすることができます。

筋肉1

 

■無理な糖質制限は筋肉を減らすだけ!栄養バランスの良い食事で減量!

基本的な食事は朝と昼はしっかり食べて、夜は抑えることです。

一日の消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、体重は減っていきます。

あとは食べるものの栄養素の働きを理解し、何をどのぐらい食べるかを自分の基礎代謝や運動量に合わせて調整することが大切です。

炭水化物は体を動かすエネルギー源です。代謝を高めて日中の活動に合わせて朝と昼に摂取します。

脂質は卵の黄身や魚の脂を中心に良質な物を摂取します。

タンパク質1

タンパク質は筋肉を作る材料になるため、不足しないように毎食摂取します。主に肉、魚、卵、乳製品、大豆製品が中心です。

ビタミン・ミネラルも体調を整え、代謝を高めるために必要な栄養素です。サラダやフルーツに多く含まれています。

これらの五大栄養素を偏りなく摂取することで、減量だけでなく、健康な体を作ることができます。

これから4カ月を目安に自分の体がどこまで変わることができるのか、ストレスのないように楽しみながら続けていこうと思います!

2020.08.24

キャンペーン

今なら入会金30,000円→10,000円!体験料0円

プレシャスでは加圧トレーニングにご興味のある方が
お気軽にお越しいただけるよう
体験トレーニングを行っております♪

通常体験価格4,500円無料!!
入会金30,000円10,000円!!

8月31日(月)まで 

今週の体験可能なトレーニング枠をご案内します。

【8/31(月)更新】

↓ ↓ ↓
(さらに…)

2020.08.23

キャンペーン

1 / 3123

ページ上部へ戻る