Precious 047-422-5005
ホーム Preciousとは コース紹介 施設案内・アクセス案内 お客様の声 よくある質問 お問い合わせ・資料請求

HOME > オフィシャルブログ > 2016 12月

年末年始休館のお知らせ

加圧トレーニングスタジオプレシャスは

12月29日(木)~1月5日(木)

を年末年始の休館とさせていただきます。

received_1218437391557776 (さらに…)

2016.12.27

お知らせ

パーソナルトレーナーとは?

こんにちは、トレーナーの中村です。

本日はパーソナルトレーナーについてお話ししたいと思います。

1226%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8 (さらに…)

2016.12.27

ダイエット

トレーニングの強度

こんにちは、トレーナーの中村です。

もう今年も残り僅かで忘年会シーズンになってきましたね。トレーニングは継続しなければ意味はありませんので頑張りましょう。

本日はトレーニングの強度についてお話しします。

これは筋力トレーニングを行う上で最も重要なことです。
筋肉の成長をうながすトレーニングでは、筋肉により強い刺激が与えられることにより、筋破壊が起こり、筋肉が修復され、筋肉の成長(肥大)となり、筋力アップとなります。このことは、別の言い方をすると筋破壊の程度が低ければ(十分な刺激が得られなければ)、筋肉の成長に結びつきにくく、筋力も高くはならないということです。
限界回数まで行う筋力トレーニングの場合、筋肉に多少の痛みや若干の苦しさを伴うトレーニングになるため、「少しくらい痛くても、また苦しくても実施しよう」という心の持ち方や実感が必要だと思われます。しかし、痛めてまでも、また痛めるほど行なうということではありませんので、誤解のないようにしてください。

トレーニング実施現場において、「限界まで実施しています」とはいうものの、「残念ながらトレーニング効果は実感できない」という声を聞くこともあります。しかし筋力の向上とは、トレーニングだけに関係しているわけではなく、休養や食事などにもかなりの影響があります。

もちろんトレーニングはその大切なきっかけ(筋力向上の要因)をつくる作業なので、筋力向上への貢献においてはかなりの深さを占めています。
多くの場合、この「限界までやっている」と表現している「限界」とは、実は本当の意味において「限界」ではない場合であることがあります。そもそも限界というものには「心理的な限界=(精神的な限界)」と「生理的な限界=(肉体の限界)」の二種類があると考えられます。

dead-life-male-e1428066810421 (さらに…)

2016.12.19

ダイエット

背中のお肉

こんにちは。CHIHIROです。

今年もあと半月きりましたね。忘年会などで忙しく過ごされている方も多いのではないでしょうか?

ダイエットをしている方にとっては鬼のシーズンですので、今日のブログの内容にあてはまる方がいらっしゃいましたら参考にしてみてください。

理想のボディラインを作りたい!いつまでもスタイルをキープしたい!と、トレーニングやストレッチなどを生活に取り入れている方、最近は多いですよね?

でも鏡で自分の後ろ姿って鏡ではなかなか見れないもの。

どうしても鏡に映る正面からのスタイルに注意が向いてしまいますが、背中やお尻などの後ろ姿も無駄なお肉のないスッキリした状態であることもスタイルアップの鍵になることは言うまでもありません。そこで今回は背中のお肉に効果的にアプローチできるポーズを紹介します。

(1)四つん這いの状態から片方の腕を体の下に通す。※息を吐きながらやりましょう

img_2567

img_2568

(2)もう片方の腕を息を吸いながら上方に引き上げる

img_2570

(3)(2)の姿勢を腹式呼吸をしながら3呼吸以上キープする

この「猫ねじりのポーズ」は左右それぞれ行います。なお胸の位置が下に落ちてしまった状態では効果が発揮しないので、(3)の時は目線を上げて胸がしっかり開いた姿勢をキープするよう心がけてください。なかなかアプローチしづらい背中のお肉にアプローチできるポーズが「猫ねじりのポーズ」。自分の体重を利用するものなので手軽に実践できると思います。
(さらに…)

2016.12.18

キャンペーン

筋肥大とインスリン

こんにちは、トレーナーの中村です。

本日はボディメイク筋肥大、筋量増加の為の食事についてお話しします。

筋肥大をさせるには簡単に言うとガンガン筋トレしてたくさん食べるという2点です。脂肪も増えるんではないかと心配になるかもしれませんが今の時期は寒く、厚着をするので筋肥大を狙う方はチャンスの時期なのです。

食事をする上で何の栄養素をどれだけ摂取しているのか考えることも大切ですがインスリンのコントロールも大切になってきます。筋肥大はこのインスリンのコントロールが鍵となります。

barbell squat

(さらに…)

2016.12.16

食事

1 / 3123

ページ上部へ戻る